夏休みを楽しみにしていない子供はいませんね。

夏休みの宿題を全面支援!子供工作教室

夏休み、それは子供たちにとって待ちに待った長期休暇です。およそ一ヵ月半もの間、学校に行かなくて良いのです。早起きする必要もなければ、登校する手間もかかりません。
また、早起きする必要が無いのですから、前の晩に早く寝る必要もないのです。「学校」の存在を忘れる事が出来る休暇、それが夏休みなのですが、夏休みはただ嬉しいだけのものではありません。一ヵ月半もの間学校に行かなくて良いのですから、当然それなりの量の宿題を課せられる事になります。宿題の量は学校によって様々でしょう。しかし、「宿題さえなければ…」と思う児童は多いのではないでしょうか。おそらく、子供の理屈ではそうでしょう。

そもそも学校が無いのになぜ宿題をしなければならないのか?思う存分休ませて欲しい、遊ばせて欲しい…それは児童達にとって当り前の言い分なのかも知れません。しかし、教育という観念からみると、多感な時期に一ヵ月半もの間なにも勉強をしないのは、好ましくありません。
ましてや、夏休みに生活のリズムを崩してしまう生徒も多いようですから、ある程度の宿題は当然。それが大人の理屈です。しかし、こう考えてはどうでしょう。「宿題を行うから、一ヵ月半も休める」と。もちろん、勉強が好きで宿題が苦ではない児童もいると思いますが。

夏休みの宿題を全面支援!子供工作教室

夏休みの宿題は学校の掟

夏休みの宿題はとても大変ですが、そこには大きな意義もあります。

夏休みの宿題に工作してみよう

夏休みの宿題で一番悩まされるのは自由研究でしょうか?

夏休みの宿題を全面支援!子供工作教室夏休みの宿題は学校の掟夏休みの宿題に工作してみようサイトマップ